【2023】SGボートレースクラシック出場条件・賞金・日程・歴代優勝者

  • URLをコピーしました!

年に8回開催されるボートレースSG(スペシャルグレード)競走の1つ、ボートレースクラシック。

この記事ではボートレースクラシックの出場条件や賞金金額、開催場所・日程ドリーム戦出場選手や歴代優勝レーサーについてまとめています。

イチゴウ

ボートレースクラシックは、1年のうち一番最初に開催されるSG競走だよ!

ボートレースクラシック以外のSG競走については、以下の記事をご覧ください。

2022年のボートレースクラシックで優勝したのは滋賀支部の遠藤エミ選手。

女子レーサーとして初のSGタイトルホルダーとなりました。

目次

【2023】ボートレースクラシックの出場条件・賞金金額は?

ボートレースクラシックの優勝賞金金額は3,900万円

出場条件は、ボートレースクラシックの前年優勝者・グランプリに優出した6名、前年のSG・G1・G2の優勝者及びG3以下の優勝回数上位者です。


ボートレースクラシックの正式名称は鳳凰賞。

1988年の第23回大会から総理大臣杯と呼ばれていましたが、2014年の第49回大会よりボートレースクラシックと通称されるようになりました。

ボートレースクラシックは5つのSG競走を制したグランドスラマーに対して授与される称号「GRANDE5」の1つで、優勝者にはメダルが授与されます。

【2023】ボートレースクラシックの開催場所・日程は?

2023年のボートレースクラシックは、東京都大田区にあるボートレース平和島で開催されます。

日程は3月16日(木)~3月21日(火・祝)の6日間。

前回ボートレースクラシックが平和島で開催されたのは2020年第55回大会で、吉川元浩選手が優勝しています。

【2023】ボートレースクラシックのドリーム戦出場選手は?

ドリーム戦は、SG競走初日の12Rで行われるメインレース。

ボートレースクラシックのドリーム戦メンバーは、上位グレード競走順優勝回数・推薦枠などで選出されます。

2022年のドリーム戦選出メンバーは以下の通りでした。

登録番号支部選手名
13779長崎原田幸哉
23573広島前本泰和
33590東京濱野谷憲吾
44344三重新田雄史
54337愛知平本真之
63719広島辻栄蔵
【2022】ボートレースクラシック ドリーム戦

ドリーム戦出場メンバーは、SG競走が始まる約1ヶ月~2ヶ月前に発表されます。

2023年のドリーム戦メンバーが発表され次第更新いたします。

ボートレースクラシックの歴代優勝者は?

2022年第57回大会の優勝者は、遠藤エミ選手でした。

過去10年間の歴代優勝選手は以下の通りです。

スクロールできます
開催回数優勝戦実施日 開催地 優勝者決まり手3連単結果3連単オッズ
第57回2022年3月21日大村遠藤エミ逃げ1-4-52,920
第56回2021年3月28日福岡石野貴之逃げ1-2-4800
第55回2020年3月22日平和島吉川元浩逃げ1-3-22,400
第54回2019年3月21日戸田吉川元浩逃げ1-3-53,120
第53回2018年3月21日浜名湖井口佳典まくり2-4-625,140
第52回2017年3月20日児島桐生順平逃げ1-5-24,280
第51回2016年3月21日平和島坪井康晴逃げ1-4-32,480
第50回2015年3月22日尼崎桐生順平逃げ1-3-22,280
第49回2014年3月23日尼崎松井繁逃げ1-6-47,390
第48回2013年3月20日平和島池田浩二逃げ1-2-41,090
ボートレースクラシック歴代優勝者

まとめ

今回は、ボートレースクラシックの出場条件や賞金金額、開催場所・日程、ドリーム戦出場選手や歴代優勝レーサーについてまとめてみました。

ボートレースクラシックは、1年の中で一番最初に開催されるSG競走

優勝賞金は3,900万円、2022年は滋賀支部の遠藤エミ選手が優勝しました。


2023年にボートレースクラシックを制覇するのは誰になるのでしょうか?

ボートレースクラシック以外のSG競走については、以下の記事でまとめています。

ボートレース界の強者が集う、目が離せない熱いレースが楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都在住のアラサーボレジョ。
ホームプールは江戸川。
空き時間で自宅観戦、ときどき現地観戦で
儲けるより楽しむをモットーにマメ買い◎
24場すべてに足を運ぶのが夢!

目次
閉じる