【2022】SGボートレースダービー出場条件・賞金・日程・歴代優勝者

  • URLをコピーしました!

年に8回開催されるボートレースSG(スペシャルグレード)競走の1つ、ボートレースダービー。

この記事ではボートレースダービーの出場条件や賞金金額、開催場所・日程ドリーム戦出場選手や歴代優勝レーサーについてまとめています。

イチゴウ

ボートレースダービーは、最も古い伝統と格式を持つSG競走だよ!

ボートレースダービー以外のSG競走については、以下の記事をご覧ください。

2021年のボートレースダービーで優勝したのは、愛知支部の平本真之選手

歴史と伝統のある大会に名を刻みました。

目次

【2022】ボートレースダービーの出場条件・賞金金額は?

ボートレースダービーの優勝賞金金額は3,900万円

出場条件は、ボートレースダービーの前年優勝者・グランプリに優出した6名、年間勝率上位者です。


最も歴史と権威のあるSG競走とされており、勝率上位選手が出場します。

正式名称は全日本選手権競走で、2014年第61回大会よりボートレースダービーと通称しました。


ボートレースダービーは5つのSG競走を制したグランドスラマーに対して授与される称号「GRANDE5」の1つで、優勝者にはメダルが授与されます。

【2022】ボートレースダービーの開催場所・日程は?

2022年のボートレースダービーは、愛知県常滑市にあるボートレース常滑で開催されます。

日程は10月25日(火)~10月30日(日)の6日間。

前回ボートレースダービーが常滑で開催されたのは2014年第61回 大会で、仲口博崇選手が優勝しています。

【2022】ボートレースダービーのドリーム戦出場選手は?

ドリーム戦は、SG競走初日の12Rで行われるメインレース。

ボートレースダービーのドリーム戦メンバーは、選出順位の上位5名、推薦枠1名の選手で構成されます。

2022年のドリーム戦選出メンバーは以下の通りです。

登録番号支部選手名
14238群馬毒島誠
23941愛知池田浩二
34444埼玉桐生順平
44205広島馬場剛
54050岡山田口節子
64586愛知磯部誠
【2022】ボートレースダービー ドリーム戦

ドリーム戦出場メンバーは、SG競走が始まる約1ヶ月~2ヶ月前に発表されます。

ボートレースダービーの歴代優勝者は?

2021年第68回大会の優勝者は、平本真之選手でした。

過去10年間の歴代優勝選手は以下の通りです。

スクロールできます
開催回数優勝戦実施日開催地優勝者決まり手3連単結果3連単オッズ
第68回2021年10月31日平和島平本真之逃げ1-5-41,280
第67回2020年10月25日大村深谷知博逃げ1-2-61,150
第66回2019年10月27日児島毒島誠逃げ1-3-2790
第65回2018年10月28日蒲郡守田俊介逃げ1-4-62,000
第64回2017年10月29日平和島深川真二差し6-1-227,170
第63回2016年10月30日福岡瓜生正義逃げ1-3-41,190
第62回2015年10月25日浜名湖守田俊介逃げ1-3-53,030
第61回2014年10月20日常滑仲口博崇逃げ1-2-31,280
第60回2013年10月21日平和島瓜生正義逃げ1-3-21,260
第59回2012年10月28日福岡丸岡正典差し2-1-64,130
ボートレースダービー 歴代優勝者

まとめ

今回は、ボートレースダービーの出場条件や賞金金額、開催場所・日程、ドリーム戦出場選手や歴代優勝レーサーについてまとめてみました。

ボートレースダービーは、最も古い伝統と格式を持つSG競走


優勝賞金は3,900万円、2021年は愛知支部の平本真之選手が優勝しました。

2022年にボートレースダービーを制覇するのは誰になるのでしょうか?

ボートレースダービー以外のSG競走については、以下の記事でまとめています。

ボートレース界の強者が集う、目が離せない熱いレースが楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都在住のアラサーボレジョ。
ホームプールは江戸川。
空き時間で自宅観戦、ときどき現地観戦で
儲けるより楽しむをモットーにマメ買い◎
24場すべてに足を運ぶのが夢!

目次
閉じる