【2022】SGボートレースチャレンジカップ出場条件・賞金・日程・歴代優勝者

  • URLをコピーしました!

年に8回開催されるボートレースSG(スペシャルグレード)競走の1つ、チャレンジカップ。

この記事ではチャレンジカップの出場条件や賞金金額、開催場所・日程ドリーム戦出場選手や歴代優勝レーサーについてまとめています。

イチゴウ

チャレンジカップは、グランプリ及びグランプリシリーズへの出場をかけた最終トライアル競争として位置付けられているSG競走だよ!

チャレンジカップ以外のSG競走については、以下の記事をご覧ください。

2021年のチャレンジカップで優勝したのは、広島支部の辻栄蔵選手

16年振り、3度目のSG制覇となりました。

目次

【2022】チャレンジカップの出場条件・賞金金額は?

チャレンジカップの優勝賞金金額は3,300万円

出場条件は、10月末時点までの獲得賞金上位者です。


チャレンジカップは1998年に新設された一番新しいSG競走で、年末のグランプリ出場へ向けた最後の勝負となります。

競艇王チャレンジカップ競走という名称で創設され、2010年第13回大会より現在の名称となりました。

【2022】チャレンジカップの開催場所・日程は?

2022年のチャレンジカップは、徳島県鳴門市にあるボートレース鳴門で開催されます。

日程は11月22日(火)~11月27日(日)の6日間。

チャレンジカップが鳴門で開催されるのは今年が初めてです。

【2022】ボートレースチャレンジカップのドリーム戦出場選手は?

ドリーム戦は、SG競走初日の12Rで行われるメインレース。

チャレンジカップのドリーム戦メンバーは、選出順位上位6名の選手で構成されます。

2021年のドリーム戦選出メンバーは以下の通りでした。

登録番号支部選手名
14320佐賀峰竜太
24337愛知平本真之
33590東京濱野谷憲吾
43779長崎原田幸哉
53897山口白井英治
64444埼玉桐生順平
【2021】チャレンジカップ ドリーム戦

ドリーム戦出場メンバーは、SG競走が始まる約1ヶ月~2ヶ月前に発表されます。

2022年のドリーム戦メンバーが発表され次第更新いたします。

チャレンジカップの歴代優勝者は?

2021年第24回大会の優勝者は、辻栄蔵選手でした。

過去10年間の歴代優勝選手は以下の通りです。

スクロールできます
開催回数優勝戦実施日開催地優勝者決まり手3連単結果3連単オッズ
第24回2021年11月28日多摩川辻栄蔵抜き1-2-4940
第23回2020年11月29日蒲郡毒島誠逃げ1-5-21,700
第22回2019年11月24日桐生石野貴之逃げ1-4-21,560
第21回2018年11月25日芦屋馬場貴也逃げ1-2-51,260
第20回2017年11月26日下関毒島誠逃げ1-2-4970
第19回2016年11月27日大村石野貴之逃げ1-4-51,960
第18回2015年11月29日芦屋笠原亮逃げ1-3-64,950
第17回2014年11月30日下関太田和美逃げ1-4-64,460
第16回2013年11月24日森高一真逃げ1-3-62,940
第15回2012年11月25日児島平尾崇典逃げ1-2-31,270
チャレンジカップ 歴代優勝者

まとめ

今回は、チャレンジカップの出場条件や賞金金額、開催場所・日程、ドリーム戦出場選手や歴代優勝レーサーについてまとめてみました。

チャレンジカップは、グランプリ及びグランプリシリーズへの出場をかけた最終トライアル競争として位置付けられているSG競走


優勝賞金は3,300万円、2021年は広島支部の辻栄蔵選手が優勝しました。

2022年にチャレンジカップを制覇するのは誰になるのでしょうか?

チャレンジカップ以外のSG競走については、以下の記事でまとめています。

ボートレース界の強者が集う、目が離せない熱いレースが楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都在住のアラサーボレジョ。
ホームプールは江戸川。
空き時間で自宅観戦、ときどき現地観戦で
儲けるより楽しむをモットーにマメ買い◎
24場すべてに足を運ぶのが夢!

目次
閉じる