【大村】遠藤エミが女子レーサー初のSG優勝!ボートレース歴史的瞬間

  • URLをコピーしました!

ボートレース大村で現在開催している第57回ボートレースクラシック。

3月16日~21日の日程で開催され、本日3月21日が優勝戦。


予選・準優勝戦を1着通過し、優勝戦の1号艇として出走するのが女子レーサーの遠藤エミ選手です。

今回遠藤エミ選手が優勝すれば、歴代女子レーサーとして初の快挙、ボートレース界で歴史的瞬間が訪れることになります。


優勝戦12Rは、2022年3月21日20時40分頃の出走です。

優勝戦12R、遠藤エミ選手は見事華麗な逃げで優勝!
女子レーサーとして史上初、歴史的快挙となるSG初Vを達成しました。

1着 遠藤エミ選手
2着 上條暢嵩選手
3着 中島孝平選手

目次

遠藤エミ選手とは

遠藤エミ選手は、滋賀県出身・滋賀支部に所属する102期の女子レーサー。

2008年にデビュー、2015年以降はA1級を常にキープしており、自在戦を得意とする女子選手の中でも腕のある選手です。

2017年の賞金女王決定戦、2021年の女子王座決定戦で勝利、見事賞金女王の座に輝いています。

遠藤エミ選手の今節の成績

予選ではスロー・ダッシュのコースを問わずオール3連帯でまとめ、5日目の準優勝戦に1号艇で出走。

準優勝戦はオールスロー進入で荒れる展開も予想されましたが、見事逃げ切り優勝戦1号艇の切符を手にしました。


相棒モーターの68号機も高評価で、出足・伸足・回足すべてに◎がついています。

レース足も良いそうで、良いスタートさえ切れれば敵はなし!と言えるのではないでしょうか。

SG優勝は、歴代女子レーサーで初の快挙

遠藤エミ選手が本日のSG優勝戦で勝利すれば、歴代女子レーサーとして初の快挙となります。

SGの優勝戦に出走することすら、史上3人目の快挙。

2001年の寺田千恵選手、2011年の横西奏恵選手以来です。


ボートレースのセオリーで言えば、1号艇は最も優勝に近い位置。

2022年3月21日、ボートレース界の歴史的瞬間を迎えることに期待がかかっています。

優勝戦の展開はどうなる?

ボートレースのセオリー通りに行けば、優勝に最も近いのは1号艇の遠藤エミ選手。

しかし、相手となるレーサーも予選をトップレベルで勝ち抜けてきた実力者揃い。

2号艇の秦英悟選手は、遠藤エミ選手と同じくSG初Vを狙っており、鋭い差しが決まる可能性も。

「夜の艇王」という異名を持つほどナイターレースに強い毒島誠選手は、3号艇からの出走です。

モーター評価が高く、ターン回りがしっかりしていると語る5号艇の中島孝平選手も手強い相手。


簡単に逃げ切る、とはいかない面々が揃った優勝戦ですが、遠藤エミ選手にはプレッシャーに勝ち華麗に逃げ切って、SG優勝という快挙を成し遂げてほしいと思っています。

まとめ

今回は、ボートレース大村で開催されている第57回ボートレースクラシック・遠藤エミ選手が女子レーサーとして初めてのSGタイトルに大手をかける優勝戦についてご紹介しました。

女子レーサー史上初、ボートレース界の歴史的瞬間を迎えるなんて、遠藤エミ選手本人はすごいプレッシャーなんじゃなかろうか…でも勝ってほしい!

本場観戦はできませんが、歴史的瞬間を目の当たりにできるよう、リアルタイム待機します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都在住のアラサーボレジョ。
ホームプールは江戸川。
空き時間で自宅観戦、ときどき現地観戦で
儲けるより楽しむをモットーにマメ買い◎
24場すべてに足を運ぶのが夢!

目次
閉じる